友だちだけど…ムリヤリ感あふれるプレイで寝取る?

あれは20代なかばぐらいの頃で、同年代の友達女性Nとでした。
お互い少し中途半端な感じの恋人がいるのは、知っている関係でしたね。

明るく面白いタイプで、私の部屋にもたまに遊びに来ました。
肌がムチムチしていて均整の取れたボディ、多少異性としても見ちゃうところはありましたね。

ある時、たまたまHなDVDをNに見られてしまい、確か「イラつく女を犯す」みたいなシリーズだったかと。

「ちょっと(笑)」と笑われましたが、「こういうの好きなの?それとも本当は優しい?」ときたので、「俺激しいのも好きなんだよね、同意の上でさ」と返すと、なんだか淫靡なムードに…。

ボディタッチ等での駆け引きでそこそこムードが出たので、「じゃあここで」と定番スタイルでチェストに手を置かせ、少し無理にお尻を出させました。

「シャワーとかしないと…」「良いよそんなのは」強引感を出します。
軽くスパンキングもしてみると、「イヤッ…だけどちょっとドキドキするかも」と好反応。
軽く触れると結構濡れてますし目もトロンと。

そして、ここはちょっとカンでの判断で、生で挿入。
「だめだめ、つけてつけて。
絶対ダメ」「いいから。
Nは黙りな」「ひどいよ…○○クン怖い…」(本当にNGなことは合図を決めてました)

とにかく激しい前後を続けていくと声が漏れ出します。
「ちょっとなんか感じちゃう…」と。
そう工夫のない男本位の動きがまた感じさせてしまったよう。

立ちバック状態のまま、Nがほぼ立てなくなるまで達しました。
私はまだ我慢です。

ここで、「大丈夫?」とやさしく甘いキスとハグ。
こういうメリハリ大事です。
「そういうの好き…。
◯◯クンメチャメチャ強いしヤバいよ、私本当どうにかなりそう」と来ましたよ。

やさしさも込めながら、「ここに寝な」とベッドに突き倒すように。
自分でも興奮します。

この辺りからはもう、Nは何をされても感じるような状態に。
多分40分近く挿入していました。
「アソコ痛くない?いや血が出ても続けるけど」こんな言葉も出てしまいました。

お腹の上に射精、ロングプレイのせいか髪の毛の方まで飛んでしまうほどの激しさ。
おっぱいにかけて」の台詞まで。

「ひどいよぉ…」と言いながらも、何だかうれしそうで、しがみついてきてキス
Nとは少し間を置いて付き合いました。
相性が悪いとこうしたプレイは盛大に空振りですが、良い場合では本当気持ち良く、女性に新鮮気分も味わってもらえます。

友だちだけど…ムリヤリ感あふれるプレイで寝取る?

中学の時、両思いだったけど付き合うとかはなく、ただ、とても仲が良かったか男の子がいた。
中学3年の時、私が転向をし、同じ市内の別の中学に通うようになった。
時々風のうわさで彼のことは耳に入ってきた。
どうやら彼女ができたらしい。
少し寂しい気持ちもあったが、そのうち自分にも好きな人ができた。
そして、高校に進学。
なんと、両思いだった彼も同じ高校に進学していた。
私は普通科。
彼は別のコースだった。
後から聞いた話、私が彼と同じコースで受験してくるだろうと思ってそのコースにしたらしい。
私は彼に彼女ができたとうわさで聞いていたので、顔を合わすのはなんだか気まずい。
避けるように過ごしていても、同じ学校ゆえに、そうもいかない。
あるとき彼につかまった。
そして、話す機会ができてしまった。
目を合わすのも気まずい。
彼女できたんだってね。
」と話し出すと、彼は驚いたように「え?そっちこそ、彼氏できたんやろ?」え?できてないし。
なんでそんな情報が?彼も彼女はできていなかった。
お互い、どこでどう変わったのかよくわからない風のうわさに翻弄させられていたようだ。
変な空気…。
その後、私たちは特に付き合うとかそういう関係にはならなかったものの、彼はずっと私のことを見守り大切にしてくれた。
今では連絡もうお互いに結婚をし、連絡は取っていないけれども、未だに会いたくなる。
今、どうしているのだろう。
夫にはできない学生時代の恋の話。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!