友人の後輩くんと初めて会ってその日のうちにホテルにチェックイン

 先日、友人から大学生の友人を紹介してもらいました。
私は、彼氏いない歴6年だったので、そちらの方も長らくご無沙汰でした。
どんどんおばさん化していく私を見て、友人が心配したことがきっかけでした。
その友人は積極的に私を外に連れ出して、一緒にヘアサロンへ行き、ネイル、メイクをやってもらい、我ながら見違える程、綺麗になりました。
そして、友人が「じゃあ、後は楽しんで」というので何かと思ったら、そこには友人の大学生の後輩くんがいました。
 はじめて会う後輩くんは本当にイケメンでドキドキしていしまいました。
私の友人が帰ってしまい、後輩くんと二人きりに…。
後輩くんは、慣れた様子で居酒屋に連れていってくれました。
私が酔うと、少しずつ私と距離を縮めてきて、私の髪の毛を触ったり、肩から手へとボディータッチが多くなっていきました。
私は久々のことだったので、彼に触れられるだけで心地よい気持ちになりました。
そして、居酒屋を出る頃には終電は無く、自然な流れで彼と手を繋いでホテルにチェックインしていました。
 彼は私の身体をもう一度、女にしてくれたので、今でも忘れられません。

友人の後輩くんと初めて会ってその日のうちにホテルにチェックイン

今夜、悪友と二人で大阪ミナミにナンパに行きました。
現場はハロウィンの仮装をした連中が至る所でたむろしていました。
私たちは実年齢は40歳を越えていますが精神年齢と見た目は30歳前後です。
腹ごしらえをして9時頃、二人組のミニーマウスの仮装をした子をナンパして4人で飲みにいきました。
ナンパしてね」オーラをガンガン出していたので今夜は簡単でした。
その後、現地解散し、私はそのうちの一人の子とホテルインしました。
話を聞くと彼女は30歳手前のOLで、職場の友人と簡単に言えば男漁りのために繰り出したとのことです。
利害が一致するねとばかりに、部屋に入るなりディープキスし、二人とも一瞬のうちに全裸になり、一緒にシャワールームに入りました。
そっと彼女の茂みに指をくぐらせると、すでにグッショリと濡れていました。
私のペニスはソラマメのように既にそびえていましたので、浴室で仁王フェラをさせました。
結構終電の時間が迫っていたせいもあって、そこからあまり身体も拭かず、お姫様ダッコでベットに運び、いきなりペニスを挿入しました。
彼女はナマで入れられたことに一瞬抵抗しましたが、私の猛烈なピストンにすぐに身体が反応し、「うっ、うっ」と声を上げ、キュッ、キュッと締め付けてきます。
思いのほか名器で私は我を忘れて、白目をむきながら腰を振り続けました。
すると彼女がイク瞬間を迎えたのか、締め付けの間隔が猛烈に短くなり、キュキュキュキュキュと痙攣をおこしたような感覚で、私はあまりの快感で気が付けば彼女の中に射精してしまいました。
ただその後も締め付けは止まらず、私は間隔を置かず「ヌカ2」をしてしまいました。
それからすぐにペニスを抜いて残りの精液をお腹に出して膣外射精のアリバイを作ってそそくさとホテルをでました。
最高のハロウィンナイトでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!