友人の披露宴で出会った積極的な男性との話

友人の結婚披露宴に行ったときのことです。
新郎側の友人と新婦側の友人が3人ずつ1つのテーブルにつくスタイルで席が用意されていました。
女性側は突然の相席スタイルに戸惑い、あまり場は盛り上がりませんでした。
私は雰囲気が悪くなるのも嫌だったのでこれも何かのご縁だと思い、普通に披露宴という名の合コンを楽しんでいました。
男性側の1人でちょっと素敵だった人がいて、その人もそれが分かるのか一番会話していたと思います。

披露宴が終わると、その人から連絡先を聞かれました。
その日から結構積極的にメールや電話が来るようになり、分かり易いアプローチが始まりました。
それから初めて2人で遊ぶ約束をして、その日はドライブだったので車で迎えに来てくれ、ドライブをして、夕食を食べ、帰るつもりが「トイレに行きたい、家が近いから家に寄っていい?」と聞かれ私は何も疑うことなくついて行ってしまいました。
今思えばそれはただの口実で最初からそれが目的だったと思います。
もちろんまだそんなつもりじゃない私は、体の関係になりたがるその人を断りそのまま家に帰ることになりましたが、その日は私の家まで1時間くらいかかる道のりを送って行ってくれました。

その後も頻繁に連絡がきて、2回目のデート、その日も下心が見え隠れしましたが、また1時間くらいの道のりを送って行ってくれました。
ただもうこの人は下心だけだろうと思ったのでずっと断っていたらそのうち連絡がこなくなりました。
今思えば、そもそも男性の家に行くこと自体、自分自身が甘かったのだと思います。

友人の披露宴で出会った積極的な男性との話

私よりも一回り歳上で、長身で、イケメンで、モテモテの彼は私のドストライクでした。
初めて会った時から彼からのアプローチを受け、私も彼に一目惚れだったので嬉しくて仕方ありませんでした。
が、彼は既婚者子持ち。
離婚すると言う約束で付き合いましたが、結局離婚は2年後にするということになり、ずっと不倫状態が続きました。
彼は私のなにもかも愛してくれて、私は既婚者というのも忘れるくらい幸せしかありませんでした。
彼はセックスも上手く、彼の欠点はなかったです。
彼は奥さんと別居し始めたので、私は彼と同棲することになりました。
毎日大好きな彼と一緒にいれて、同じ家に住めて、これ以上の幸せはないと感じてました。
ですが、日が経つにつれ、彼は冷たくなっていき、今まであった彼からの愛はなくなりました。
そして彼は他の女の子に手を出し始めました。
私は一緒にいすぎたんだなぁと思います。
どんなに大好きでもずっと一緒にいたくても、適度な距離って保つべきなんだと思います。
やっぱり人間は飽きる動物なんですね。
そして不倫もしてしまう男やっぱり1人の女をずっと愛することはできないんだなと学んだ恋愛でした。
もう終わった恋愛ですが、私は貴重な経験ができたと思ってます。
本当に色んなことを学べました。
それ以来、慎重に男を選ぶようにしています(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする